ページを選択
一粒万倍日ってなんや?

一粒万倍日ってなんや?

一粒の種子をまけば、実って万倍もの収穫を得ることができることから、 わずかなものから多くの利益があがるたとえとされます。   また、わずかなものでも粗末にしてはいけないという戒め。 一つの善行が多くのよい結果をもたらすたとえでもあります。   開業・仕事始め・種まき・結婚・祝いごと・お金の支出や出資など 銀行口座の開設・宝くじの購入などに最高の日と言われています。     でも、一粒万倍の出典は『報恩経』の...