ページを選択
ペンジュラムは、動きがわかりやすいから、目の前で人に説明するときに役立つ。
ただし、ペンジュラムは誰でも使えるわけではないし、
不要な人もいる。
自分の内面としっかり繋がっている人は、ペンジュラムが不要だ。
こういう人はペンジュラムが使えないこともある。
ペンジュラムの代わりとなる道具
あるいは、自分の指、手などがペンジュラム代わりになる。
私はペンジュラムが使えないとき、
手や頭に伝わってくる感覚で、判断している。