ページを選択
見えない存在と話をするとき、ペンジュラムを使うと
見えない存在の言葉がわかりやすい。
見えない存在は、しゃべるのではなく、エネルギーを伝えてくるからだ。
会話する存在のエネルギーが強いと、ペンジュラムに負担がかかる。
だから、弱い石だと破損することがある。
それに、見えない存在と繋がって話すとき、道具を使うと集中しやすい。
だから、私はペンジュラムを使う。
ペンジュラムを持った瞬間、繋がることにだけ集中できる。
それに、繋がりの強さ、話をしている内容の正確さは、
ペンジュラムの動きを見るとわかりやすい。