ページを選択
1.守護霊団
守護霊団は主(あなた)に絶えずメッセージ、導きを送っている。
あなたがそれに気づき、自分らしい選択をし感謝して生きることで
守護霊団の霊格も上がっていく。
ある意味持ちつ持たれつの関係。
守護霊団の数は人によってばらつきがある。
数人~十数人であることがほとんどだ。
2.守護霊団と守護霊
3~12名ほどの存在で組まれているグループ
そのメインの存在が「守護霊」と呼ばれる神的存在。
自分の過去世存在が付くことが多いとされている。
守護霊は、自分が産まれてから死ぬまで変わらず、 寄り添う。
守護霊は通常下界に居ないので、 ずっと自分についてるわけではない。
だから、霊能者の多くが守護霊を確認 することが難しい。
守護霊になるには、魂も厳しい修行が必要。
だから、ご先祖が守護霊になることは有り 得ない。
守護霊団は主(あなた)に絶えずメッセージ、導きを送っている。
あなたがそれに気づき、自分らしい選択をし感謝して生きることで守護霊団の霊格も上がっていく。
ある意味持ちつ持たれつの関係。
守護霊団の数は人によってばらつきがある。
数人~十数人であることがほとんどだ。
人数が少ないほど、それぞれのガイドさん(指導霊)が担当する範囲が広い。
お金、仕事、生活に関することなど。
人数が多いと、担当範囲は狭い。
お金のガイドさん
仕事のガイドさん
生活関連のガイドさん
などと分担されている。
3.指導霊(ガイドさん)
守護霊団の中で、仕事や趣味、お金等目的別に あなたを導き、
ご縁繋ぎをしてくれる存在。
それぞれ得意分野を受け持つことが多く、
お金に特化したガイドさん、
恋愛等の人間関係を司るガイドさんなど、
複数のガイドさんが存在する。
仕事や趣味、お金、人間関係の縁結びや、 生活していくにあたって、
あなたを自分らしく生きられるよう、 人生が上手くいくようサポートし、
具体的な助言を与えてくれる存在 。
いわばエキスパートだ。
ガイドさんはあなたの環境等の変化に応じて 交代すると言われている。
すべての人に1人以上のガイドさんが 3人以上存在することが多い。
必要に応じて現れ交代する。
その分野のエキスパートとしてのガイドさん。
日常的に面倒をみてくれるメインガイド(支配霊) がいる。
大切なのは今現在であるため、 あなたが望む未来にするための アドバイスをしてくれる。
成長具合や環境の変化により ガイドさんは入れ替わることがあるが、
変わらず側にいるのがメインガイド。
メインガイドは、ガイドさんのリーダーのようなもので、
守護霊同様生涯変わることはない。
あなたの人生をトータルプロデュースしている存在。
まれにメインガイドが守護霊と兼任している場合もある。
ガイドさんは人間であることがほとんど。
亡くなって浅い先祖等がガイドさんになるこ とは滅多にない。
あなたに対して思い入れがあると導くことが できない。
だから、自分に近い人がガイドに付くことは 難しい。
魂も指導霊や守護霊になるには修行が必要。
この修行に長い年月がかかる。
ガイドさんに天使、妖精、自然霊、精霊などが付くこともある。
ただし、こういう人間は、ほとんどいない。
また、自分にこういう存在が付いている場合、
このことを他者に明かしてはいけない。
知られることで、彼らの世界を荒らすことになるから。
4.補助霊
守護霊、支配霊、指導霊のサポートをしている霊格としてまだ浅い存在。
ご先祖様が付くことが多い。
必要な状況に応じて、サポートしてくれるが、
必要がなうなると、去っていく。