忍び的生き方とは ~変化するものだけが生き残る~

変化すること
忍び的生き方
をしてる人とは

命令に従うことでしか生きていけず、
自由に自分で決めて、生きていけない人たちのことです。
※忍びの中にはそのような特性を持った種族があります。



新型コロナウイルスの影響で


会社の始業時間が変わらないから行かないと仕方ない
会社が休ませてくれないから行かないと仕方ない

有給数日しか使えないし休めば給与保証されない

仕事が中止になって仕事が回ってこなくなった

等々


こういう声をよく聴きます。(私の周りにもいます)


何故準備しておかなかったのでしょう?


こんなこと予想できなかったからですよね?


果たしてそうでしょうか?


社会の流れは明らかに変わってきてます


副業されてる方も増え、フリーランスも自営業も増えてます。
会社員でも家にいてもできる副業もってる方増えてます。

これからの時代は会社の給与だけでは難しくなる。
と言われてますよね。


これだけ日本でも毎年地震や災害が頻発してる中
危機管理をしていれば
何かあった時の対処は必要でしょう。


それをしていれば
今このような事態になっても慌てることはありません。
会社の仕事から副業を本格的に始めれば済むことだし。


不要不急の外出自粛されても困りません。
食料はわざわざ買い占めに行かなくても

ネットで注文できます。
ただ、ネット注文が難しい人たちもいますが
これはネット注文できる人という背景で書いてます。


今、そしてこれからますます
忍び的生き方では生き残っていけません。


会社に責任委ねるのではなく自分で決めましょう。


リスク云々言ったところで今の社会はリスクだらけです
優先順位を付けましょう。


会社に責任転嫁してリスク冒して会社に行くより
自分で稼げる方法とりましょう。


家にいてもストレス溜まらない方法見つけましょう。
自分時間を楽しむ。
ということをしてこなかった人たち


国や会社からの指示を待つ
という忍び的生き方から脱しましょう。
国や会社のせいにしたところで疫病は治まりません。


何かの責任にできる時代は終わりました。


社会の流れを見れば
普段から自己免疫力を鍛えておくことは必要。


何かあった時の収入源を確保しておくことも必要。


変化することを拒み同じが続くことに拘ると
生き残っていけません。


変化するものだけが生き残る時代です。


おわかりいただけましたか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました