ページを選択

先祖供養は大事、一番重要、これが出来ていないから、

災いが続く、幸せになれない。

こういうことを言う人は多いです。

 

先祖が子孫に罰を当てる。

先祖が浮かばれずに苦しんでいる。

こういうことを言われるスピリチュアリストもおられますね。

先祖を癒すとか、先祖のカルマを取るという、凄い方も。

 

先祖供養をしていないと、子孫は不幸になるの?

家系は滅びるの?

 

実は、先祖供養って考え方は日本だけなのです。

キリスト教では、死んだ人の魂は、神の元に帰るという教えです。

 

イスラム教では、魂は一度は肉体から離れるが、この世の終末の日

に神の審判と救済を受けるため、再度生前の肉体と結び付いて復活する

という教えで、火葬しません。

ヒンズー教では、肉体はほろんでも、魂は再生し、生まれ変わる。

死体は火葬し川に流しています。

 

じゃあ、日本以外の国は、悪霊と化したご先祖の霊だらけなの?

家系は廃れ、滅んでいくの?

これじゃあ、国ごとなくなりそうです。

 

日本は紀元前660年から存続する、世界一歴史の古い国だという

ことは、ここでは忘れておきましょう。

 

先祖供養って、これは宗教上の死生観の一つにすぎないです。

しかも、これは日本の仏教だけのものです。

 

それに、子孫を不幸にするご先祖なんていませんよ。

子供、孫、ひ孫、、、、 みんなご先祖にとって、可愛い子孫です。

 

中には、死んだあと天国に行かず、この世をさ迷い続ける魂もありますが、

子孫を不幸にしませんよ。

 

ご先祖を敬う気持ちは大切ですが、必死になって墓参りや仏壇を

拝むことはないでしょう。好きならやっていても構わないですが。

 

どうして?

 

墓にも、仏壇にも、ご先祖の霊はいつまでもいませんから。

 

私はお盆やお彼岸に、自分のご先祖に尋ねます。

墓参りに行った方がいい?

 

来いと言われたのは、ほんの数回だけでした。

 

先祖供養を熱心にしていたのに、地獄に行った方もおられるのですよ。

 

それと、人のご先祖を悪霊呼ばわりしたり、

先祖の魂を癒すとか、カルマの解消なんて言わないでね。

 

あまりにも失礼ですよ。