自分らしく生きる~未来を切り開く~

繋がること
自分と繋がるとは自分と向き合う習慣をつけること
自分という存在は(今確かに存在している)自分一人と思ってませんか?

あなたという存在は、一人ではありません。

自分という存在は
〇物質的肉体を持った自分という存在(存在していることが明らか)
〇自分を取り巻く見えない存在(守護者たち)

大きく分けてこの二つで成り立ってるのが自分という存在です。

この世の中は目に見えるものだけが全てではありません。

もし本当に目に見えることしか信じてないなら

何故神社仏閣にお参りに行きますか? 初詣行きますよね?
何故墓参りや仏壇に手を合わせますか?
何故運という言葉を口にし、意識しますか?
何故努力しますか?
何故感情を気にしますか?

上記にあげたもの、どこか矛盾してるように感じますか?

神社仏閣に参拝すること、墓参りや仏壇に手を合わせること
この二つは似てますよね?

しかし下の三つ 運、努力、感情これらは目に見えないけど確か
に感じることではありますよね。

上の二つと無関係のように思えますが無関係じゃないですよ。

目に見えないものを確かに感じてますよね?
違うのは、運、努力、感情というのは何かしたことに対する
結果の表れとも言えるかもしれません。

しかしそれは視覚で物質的に確認できるでしょうか?
出来ませんよね?
それ自体は。でもあるってわかってますよね?

見えない存在(守護者たち)も自分という存在の一部だと認識すること

何が違うのでしょう?
直感やひらめきという言葉があります。
私たちは日々無意識にこれら、直観やひらめきを使って生活してます。
これは疑いようがありません。
あるのは程度の差だけです。

例えば
仕事をする中で、
これをこうやった方が効率良い気がするからやってみよう
誰かに対して、それはしないほうがいいんじゃない?と指摘する

食事の時
身体に良いのはこっちだけど、あっちの方が食べたい気がする

人間関係において
この人とはどうも馬が合わない
この人といると何故か落ち着く、安心できる気がする

日常において
急にある場所に行きたくなった好きなもの、
嫌いなものがある好きなこと、
趣味がある


これらは、無意識に(時に意識的に)してますよね?
直感やひらめきというのは、何か特別なことではなく
実に些細なことから拡大していくものです。

その直感やひらめきというのは、どこから来てるのでしょう?
考えたことありますか?

自分の中ですよね?

例え誰か人から言われて
あ、そっか!そういうことか!
と思ったとしてもそれも一種の直感やひらめきというものです。
それは自分の内側から感じるものです。

それらを起こしてるのが、内なる自分=見えない存在 ということが出来ます。

自分という存在は
目に見えてる物質的な存在と
目に見えない非物質的な存在
この両方から成り立っているんです。

この両方のバランス(目に見えてる現実世界と目に見えない精神世界)
を日常的に取り入れ調和することが

自分と繋がる=自分らしく生きる

ということです。
私は会社員として、とある製造業(一部上場企業)に務めて
いました。
新入社員の頃から、重要な生産設備の機械設計を任され、
いつも忙しかったですが、楽しく仕事をしていました。


でも、10年前に管理職になってから、部内の雑用仕事や部下
の尻ぬぐいばかりで、機械設計が段々とできなくなってきま
した。


こうなると、仕事が面白くないようになり、
自分の予想以上に精神的に辛くなるようで、


家に帰るとグッタリしていました。


まともに、自分と向き合うことをしなかったから、こんな
状態でも、何とか毎日を過ごしていました。


10年前に妻と離婚しようとしたときも、両親に反対され、
諦めることに。


子供がかわいそうと言われ続けて、自分もこれに納得した
のです。


それから10年近く我慢して暮らしていたのですが、2年前に
限界が来ました。


離婚を決意し、家から出て別居を始めました。(2018年5月末)
でもここからが大変で、妻が離婚を認めてくれないから、
離婚調停は一回で不成立。

そこで、離婚裁判に切り替えました。
でも、裁判が長引き、精神的に辛くなってきました。
遂に2020年1月に仕事を辞める決意をしました。

これは、自分と向き合って決めたことです。

この後すぐに、部下の人事考課表をなくす、
些細なミスが続いて、上司や同僚に迷惑をかける。
ありえないトラブルが生産設備に発生する。

ということが続きました。

自分の目で見える形で、会社にいることが困難だと教えら
れているようでした。

自分の直感で嫌だと思うものには縁がない。
好きなものとは、予期せず出会う。

という経験はありませんか?

自分にはスピリチュアルの能力はない
と思っていても、見えない存在がこうやって教えることが
あるのです。

上司に退職願いを渡しても、受け取ってもらえず、
3月まで辞めるなんて、とんでもない。

忙しいから、2年後まで退職は無理と言われたのです。

でも、2月初旬から有給を使って休み続け、退職願を郵送し
、会社からの電話も無視していたら、

3月中旬に、退職願が受理され、3/31で退職出来ました。

今は、自分の好きな物販、機械技術コンサルタント 
そして、スピリチュアルに関する仕事をやっています。 

やっぱり、自分らしく生きると毎日が楽しいです。

でも、離婚できない状態が続くのは辛いです。

相手側から調停を起こされ、婚姻費用 14万8千円/月
支払うことになっていたからです。

婚姻費用は、養育費+嫁の生活費です。

私のサラリーマンとしての年収は、1100万円強ありましたが、
とても、やっていける金額ではなく、毎月借金が増える状態です。

そこで、物販を始めたら、これが順調で月商300万円を狙えるところ
まで来ました。これで、会社を辞めても大丈夫だと思っていたら、
新型コロナウイルスの影響で、商品が買えない状態に!

離婚と破産 どっちが先?という状況に追い詰められました。


実は、離婚について占ってもらっていました。

2020年1月 いつまで経っても離婚できないと鑑定されました。

2020年2月 今度は違う所で、同じようにいつまで経っても
離婚できない と言われました。

占いを否定するわけではないです。(私も占い師ですから)

でも、絶対に離婚すると決めていたので、諦めませんでした。

2月に弁護士を解任して、後任の弁護士を見つけました。

実は、離婚裁判って 女に有利 男には地獄 です。

この弁護士さんは、こういう男に不利な日本の裁判に立ち向かって
くれる人でした。

私も直接、嫁に離婚して欲しいと話をし、離婚の条件も提示しました。

 嫁が住んでいる私名義の家はローンを払い続け、完済したら嫁名義にする。
 9年後にもらえる確定拠出年金は全額渡す(現在価値 1800万円)
 養育費子供 2.5万円/月×2人 を大学卒業まで払う。

これでも、納得しないのか 65歳以降支給される厚生年金は半額渡す。
を相手から提示され、認めることにしました。

やっと、2020年8月17日 離婚成立 しました。(裁判所で和解)

本当に辛い2年間でした。
これで、気分が楽になりました。

でも、破産寸前なのは変わらないです。
今までのやり方を変えて、稼ぐ方法を見つけたので、これに取り
組んでいます。

10年前に、刹那師匠から聞いた言葉を思い出しましたよ。

ガンダムエクシア 刹那・F・セイエイ 未来を切り開く!

タイトルとURLをコピーしました