本当に「ウザイ」 高次元の存在って。

高次元の存在

前回(かなり前ですが)、「高次元の存在」をボロクソに批判しました。

だって、「高次元の存在」って人間のことわからにくせに、勝手な解釈を押し

付けるし、人間を支配しようとするのですから。

今回はその続きで、バ〇〇ールなどの「高次元の存在」崇拝主義者には非難

されそうな内容です。

 

最近、高次元の存在が頻繁に私を訪ねてきます。

理由を聞くとこういう答えが返ってきます。

 

 お前に「人間の在り方」を教えてやる。

そこで、あなたはどちら様ですか?と尋ねると、、、

神様っぽいエネルギーを伝えながら

 私は「神」だと言います。

 

こういう、エネルギーを伝えられると、神様と繋がって

いると勘違いするスピリチュリストは多いのでしょう。

 

彼らはさらに、話を続けながら、私の頭に何かをしたいのでしょう。

頭の中(脳)に入ろう(何かを入れる?)とします。

これで、頭が痛くなります。

 

でも、私の頭に侵入されたことはないです。

私はエネルギーを扱うヒーラーです。

皆さんは、ヒーラーって人を癒すだけだと思っておられますか?

人を癒すエネルギー これは、防御にも攻撃にも使えるのです。

 

人間を支配しようとする「高次元の存在」は馬鹿だから、気付いて

ないのですけど。

 

なお、神様って、人間に話しかけるとき、自分が誰だか名乗らない

です。

それに、高次元の世界に神様っていないから、彼らは神様のこと

わかってないのです。

高次元の存在に狙われることで、彼らの弱点がわかってきました。

 「光」の強い人間を狙うのですが、実は強い光には弱い

 「光」と「闇」が混じったエネルギーは理解できない。

 人間の「闇」には弱く、邪な感情が強い人間と関わると、

 逆に人間に影響される。

 

それと、彼らが支配した人間は、段々とおかしくなっていきます。

 

なお、人間と関わろうとする「高次元の存在」は、「高次元」と

は言えないくらいレベルが低いです。

 

思考が単純というか、決められたことしか出来ないようです。

 

いわば、ただの「捨て駒」

「クローントルーパー」みたいに作られたような気がします。

 

皆様は、こんなのに出会って、「神様」だと勘違いしないで下さいね。

タイトルとURLをコピーしました